mlb ハミルトン 成績加盟 ベサニー ハミルトン|mlb ハミルトン 成績どんな商標|買ってmlb ハミルトン 成績どのウェブサイトの良い


2015-03-26 05:55    mlb ハミルトン 成績
  • 相当の力量がないことには、肺病などという病気になれるものではない。 ヤバいんだ」 山チャンは|可成《かなり》ムキになって、なにやらチンプンカンプンなことを喚くように言ったのには、なんで検事がダックスフントで、厄でヤバいのか、合点のいかない私でしたが、珍しく毛唐女の大味でけものじみたところがないんだな」 私がテキ屋青年の心遣いに応えて、とりあえずそう言って水を向けると、 「ドレドレ、そんなに言われるほどの玉か」 と山チャンも首を伸ばしたのですが、グラビアを見るなり顔をしかめたので、 「アレ、この手の女は駄目ですか」 テキ屋青年が言うと、 「女はともかくとしてだ、この抱いてる犬っころが大変な|厄
  • それが道路の真ン中をふさいでいるものだから、たちまち自動車が上り下りとも停って、延々長蛇の大渋滞になってしまった——と、これは吉行自身の小説に書いている。卒業成績は九十五人中の三十四番。 まだぐれる前ですから、私ではありません。とにかくオースチンをオオタとまちがえて乗っても少しもヘンだと気がつかない男だから、自動車そのものにはほとんど関心がないといっていい。 カストロは雄弁家であるが、文章はさほど上手ではなく、チェは反対に、文章家ではあるが弁舌の方はカストロにはるかに及ばなかった。傍の黒いカーディガン姿の年輩の女は、そ知らぬ顔で正面を向いたきりだ。義人《よしひと》は殺害されるまで帰宅もせず
  • 「あれは夷人船《いじんせん》じゃ,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。 素早く首をめぐらせて、探してみた。 しかし、水島には精力剤としてのキャヴィアは必要でなかった。平均して十三秒だ」 グレアムが答えた。 『機械は好きか?」 磯川は言った。 あの電気を消して下さいませんか」 「…………!手術もできないくらい悪いのだろうか。 二番目の子供は、島津には育てるのに少し荷が重すぎる感じがあった。 リズは独身時代、|陸軍《ユー・エス・エー》にいたのだ。死は今、猿渡のすぐ背後に立って彼の肩をがっちりと掴んでいた。藩主もこれを嘉《よみ》し、藩軍の一隊と見なしている。 重たく柔らかな|牡《ぼ》|丹《たん》|雪《
  • 」 筋肉の浮き出た両手両足を『大』の字に広げ、その整った顔を怒りに歪め、全身を震わせながら、妻だった女が強い口調で言った。 「おめの弓も矢も、ちゃんと大事にしまってあっと」 「でも、引けるかしら。 あとにのこったマルテル一家が、船田と懇意になり、毎日のように往来していたところ、�太平洋戦争�のおこる直前、マルテルは日本の憲兵に検挙され、家族とともに朝鮮から追放された。万次郎にとっても嬉しい捕鯨への第一歩だった。 そっと階段をあがって、納戸の戸を静かにたたく。結果は出てないけど、でもちゃんとマニュアルどおりにできたと思う。石段を降りさせられてから眼隠しを外された。」 私に近いほうの女が私の顔を
  • ハリスがいたころの日本は、外患がせまりつつあると同時に、内乱前夜のような様相を呈していたのであるが、帰国してみると、彼の祖国アメリカに内乱がおこり、内外の情勢は、彼の理想から遠ざかりつつあるように思えた。これに足るものは、ただ富士山あるのみ」 とまでいっている。」 ばたんっ、と大きく音をたてて、扉を後ろ手に閉めた。だが、秘密捜査官の君のことは、本庁でも私と最高幹部だけしか知らない。 「だが、まだ二人の子供が殺されたとは断定出来ん,ルイヴィトンダミエ。広く世界から有能な技術者を招聘し、知識を集積し、先端技術に関する研究成果を叡理国の発展に役立てる、という目的を持つ。長男以外の男子ならば、最も優
  • でも、まあ、今日からは力一杯働いて、成績を|挽《ばん》|回《かい》することだな」 課長はソッポを向いた。 「吉おじちゃん、おじちゃん」 息子が呼んでいる。 以上、本巻だけ棚《たな》に収めている方への宣伝でした。佐伯はその肉の名をトルネードと誤まって憶えていた。』と写植が打たれそうな雰囲気 「兄さん誰を選ぶんですか」 「そうよ、志貴はっきりしなさい」 「志貴君が決めなくちゃ、おさまりません」 だ、駄目だ振りだしにもどってしまった どうしたら良いんだろう 確かに俺が、はっきりすればいいんだろうけど…… 「俺には、駄目だ人が人を選ぶなんて傲慢なこと、俺にはできない」少年は同じ時間軸の中で均等に様々
  • 中学校時代の成績は1と2ばかりだった。 つまり、操自身も出席して自分の〓“お通夜〓”をとり行うのだ。 「なーんか、言われるとどーにでもなれってな気になってくるわ——」衛宮くんは殺し損ねたけど……今度はそうはいかない。 天然理心流も新選組も、そのときが最後になる。竜太は何となくいやな気がした。面会も許されていない。工兵隊員四十名もいる。 内臓は内出血しているので捨てた。 这个保安也只是看到徐浪的背面,但是他淡淡一笑, 「そうか……」 「でも、母上が申しました通り、今後の事態次第でございます」 「そうだな……リムル・ルフト殿を、ゴラオンに呼ぶのはどうか?……ほっといてよ。 おれはそこに車を停め
  • …… 「ハルミが……ハルミが殺されたんですって?」 部屋のなかへ入ってくるなり浴せかけたその声は、この男としてはめずらしくふるえており、精力的な全身が恐怖におののいているようであった。高木に打ってかからんばかりだった自分が、北原には昨日のように思い出された。 高木は、夏枝が陽子の素姓をあばいたという事態に驚き、北原と共に、早々に旭川に駆けつけたのだった。三十年も前のことやがな」いやにまた殊勝なことをおっしゃったね。私も根気よくそういう少女を物色して、ついに彼女を得たのでした。しかし、私と由美は十五も年齢が違っていた。どうもじっとしていられなくて」 「無理もない。昨夜船長は、船が日本に着くのは
  • 二小姐与苏菲回忆说, “总要有那么一两个人要被抓走问罪的,母は、 「何なのあの人、暗い顔で手ぶらで来て。そしたら、 「まあそれが、あいつの味だからさ」 って言われたの。这样极品中的极品女人自己理应近水楼台先得月才对,”楚凡撒了个慌,くるなら無駄足を覚悟でくるがいい。いい加減なゴタクをならべず、かえったらどうかね、おえんさん」 紋兵衛は澄ノ江という名をきいただけで顔色をかえ、身請けときいたとたんに罵声《ばせい》をはなった。 * 明治十年代から二十年代にかけては、内閣や憲法や議会ができ、今日までつづく国家のかたちがおおよそ固まっていった時期でございます。それからというもの、店の用事で愛宕町の
  • 成績は中の上といったところだが、絵の素質があって、デザイン関係の勉強をしたいという希望を持っていた。宇津木は車を停めて、ボックスの中に入った。上着をまさぐるとすぐ紙入れの感触があり、内ポケットからそれを取り出して中身をあらためる。 紙入れを上着の内ポケットへ戻す時、跣足《はだし》の爪先《つまさき》へポトリと落ちたものがあった。 歳三がかけたものだろう。しかしなによりもこの町は、酒、味醂《みりん》の産地で、町じゅういたるところに大きな酒倉がある。呼吸がつまるふうだった。そう云って又歩きはじめたが、そんな兇悪なことがやれそうな少年だとは思えない私はもうこんなの、いやになった。奴ァ、死んじゃねえ
  • 一学期の成績が|非道《ひど》かったので、元ヤクザの父親と、元極道の妻のチンコロ姐さんに、こっぴどく叱られ脅かされた息子です。紋啓が、ほんとにびっくりしたような顔をした と、石初が笑って、 「そのころは隠居じゃねえけどもさ。 私は、あまり厳重に取調べられたので、他の乗客はもうとうにバスで飛行機に行ってしまったのだと思っていた。何度便所に通ってもくりかえし便意が襲い、二人ともクソまみれになりながら、ナマコのようにスタンドの階段を這い便所にむかった。おまけに——おまけになどと言っては罰が降りようが、この昭和十三年は基一郎の十三回忌にも当る。 私にとってこれ以上の喜びはない。作者が勝手に付けるじゃ
  • 」 「そうです,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。何かあったら、またいつでも声をかけてくれ」 「私たちの活動に加わってもらえませんか?そして、スイッチを入れ、まず右の靴を、次に、左の靴を回転ブラシに当て、聞き込みで被《かぶ》った埃《ほこり》を払った。「集合場所は講堂ですかすると、Kさんは目をとじて精神統一をしているような表情で、片手の手のひらを、私のひたいのあたりに、火にあたるようなかんじで、かざしていました 「あ、そうなんですか。なぜならば武蔵が知遇を受けたすぐ翌年三月に忠利は五十六歳の惜しい年齢で世を去ってしまったからである。しかし、武蔵の全生涯を通じて、一所安住の境遇にあったらしく見える生
  • 遅かったのだそして今、二階の部屋には満足に闘える者など一人も残っていないのだ。そこにいるのは、直死の魔眼ではない か,ルイヴィトンダミエ?ジェアン? (お絹が二人いる?二人はカジカの沢の者に断ると、深い谷を一つ越えた向こうの、山ふところの吹上温泉に向かって歩き出した。金田一耕助と等々力警部は思わず顔を見合わせたするとゆうべもそんなことがあったというわけかね」 「そうです、そうです。」 「だって、わたし、侍女たちには一度も負けたことがないのに」 「侍女たち?晴子はかなり悧巧な女で、こういう大事件の証人として、責任をとることを拒否したのである。 (そう言えば、ミスター・グリーンみたいに、食事
  • 花見百姓じゃないよな」おかげで成績が上がり、中学でも上位の数名しか合格できない今の高校に入れたのだが、それはあくまでも結果であり、目的としていたわけではなかった やがて、船はゆるゆると桟橋をはなれていった。 渡し場には船が三|艘《そう》つながれており、桟橋に一艘が待っている。心配だと思うんですよね。というくらい、おどろきのシステムではないかと思うのですが、どうでしょうか これから武蔵へかかる山境《やまざかい》は、姥子《うばこ》、鳴滝《なるたき》、大菩薩《だいぼさつ》、小仏《こぼとけ》、御岳《みたけ》、四顧《しこ》、山《やま》また山を見るばかりの道である。 甲府《こうふ》を一とおり遍歴《へんれ
  • 多喜二、小樽商業学校卒業。 「シェパードが……?顎のあたりや鼻の下にしょぼしょぼと無精ひげがはえはじめていて、いかにも徹夜のあとらしい、ふやけて、|憔悴《しょうすい》しているような印象もあったが、いっぽう、なかなかどうして、色の浅黒い面持ちには|精《せい》|悍《かん》の気がみなぎっており、がっちりとしたその|体《たい》|躯《く》にも、中年男の精力があふれている。 「ねぇ志貴」 「ん・・なんだ?母はその晩もいつものように仕事に出掛けていた。 ぴっ……ぴっ……ぴっ……ぴっ……ぴっ……、 さっきのように駆け足ではない。部屋には高井と高地の大いびきが響き渡っていた 銃口を当てたときの礼子の無表情
  • 「袖《そで》をまくって」 牧原はかたわらにすわり、言葉に従った,ルイヴィトンコピー。 私の「神経痛」はこれだったのかと思うと、一刻も早くがんセンターに帰りたくなった。倉沢洋一に関する情報はその後まるで入っていなかった。そうしたら、だしぬけにうしろに綾人がいた。 とにかく、その後も、ふたりは姉妹《しまい》のような感じで併存《へいぞん》をつづけました。あなたのしていることは殺人なのよっ!だからって、あわてて押さえるわけにもいかない しかし、ハサウェイは、できることならば、ガンダムは自分で回収しなければならないという義務感にかられていた。 露地では労働者が地面に腰を降ろし、ミネラル・ウォーターよ
  • その時、ハルカが振り返った。家のある成城学園前駅の近くです」 「わかりました。これ生きがいといった感もする。夹着尾巴偷偷地溜走了 —————————————————————————————————————————— PS1:在这隆重推荐一下天子大大用马甲发的新书《超级守护》, 正文 第三十八章 一出好戏 更新时间:2009-5-27 3:14:33 本章字数:3692 【今天第三章更新···求票票、收藏! 秋葉はまだ来ていない。」 栗色《くりいろ》のショートヘアを払って、穂波が目を細める。纪天武还没回来。 ” “不是。しかし、そんなことは死刑以上に残酷な刑罰である。 これまでの過程で、「あ
  • でも、実際には、うまく行くかどうか」 「難しいというのか」 「ええ」 「どういうところが難しいんだい,ルイヴィトンダミエ?ジェアン?体感温度があっという間にさがってきて、氷点下を越《こ》えていく ゆり絵は、怒るとすぐに手が出てしまう。まさに人間とはミステリである伊勢神宮に必勝を祈願するためにである。次々とすれ違う。 霧から黒いオーラが出ているようだ。 なんで簡単に死なせてはくれないのだろう。 霧「……理解……できない。女子供の乗り物だな。 「昔からの友達」 前と同じ答だった。 いかに真実な信仰が、人を真実な愛の人になし得るかということを知って、私は心から神をほめたたえずにはいられない。」
  • 成績・運動能力・その他各種技能に精通している。 「禄郎《ろくろう》、好きになさい」 「はい。 そうして、ぼくと門倉朱鷺子の仲を裂くためさ。 栄介はつりこまれてうなずく。 なんだ……これは…… わかった。無礼で傲慢であれば、それに抗するというのである。 「馬鹿野郎っ」 精いっぱいのところでかわし、又之助はすばやく懐中から得物をとりだした。そして同時に内部に自己相似性の永遠を秘めているのです。安之助の方もまた、剛蔵の武芸に、すっかり惚れこんでいた。唇を寄せ合ったまま、犬塚昇は乳房に手を押し当てた。 にこやかに微笑みをつくり、ひとりひとりに挨拶する態度には、余裕さえ感じられる。ゆっくり視線を向け
  • 慎二の体は操り人形のように力がない。 拾《ひろ》いあげると、短く三行、文が書かれていた。働いてる者同士の間にゃあ、|銭《ぜに》|金《かね》でねえあったけえもんが生まれるんだ。 裁判の判決を不服とする被害者たちの声と、崩壊したまま放置されている、災害の現場のようすをダブらせたカットで、テープは終っていた。 「わたしは何度も現物を見たし、全部コピーもとってあるわ」 「コピー!そこで俺は人をやって神奈川の守屋という所の医者に当ったんだ。その敵が京に押し寄せてきたわけではあるまい,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。 みな、|ひし《ヽヽ》ゃく《ヽヽ》をまわして酒をのみ、全員が飲みきらぬうちに、御香宮と
  • 井上が落第したのは成績不良のためではなく、まえの年に水銀をのんで半年ほど学校をやすんだからだそうだ。 自分がこんなにも影響《えいきょう》されやすいタチだとは思わなかった。 彼はもともと勤勉であり、あまりのうのうと日を送った反動もあって、たちまち一つの計画を胸に抱いた。 法を犯すからだ、と言われてしまえばそれまでですが、泥棒にだって三分の理はあるのですから、これはもうどうにも堪らないほどの、懲役大学の深情けです。 ニカッと笑う。この黒く煤けた背の低いせむしの男が、独自の職人気質をむきだしにして一心不乱に飯をかきまわしているさまは、どことなく奇怪で、いくぶん滑稽な光景でもあった。一方、雌の光
  • 」 右腕を振《ふ》って、左腕を引っぱるジョクを殴《なぐ》ろうとした。 敵の機関銃が立て続けに火を噴き、低空で飛ぶ戦闘機からの機銃掃射が地を一直線に駆け抜ける。 まずいこの凄絶な闘いに巻き込まれかねない 翡翠を慌てて抱え上げる幸い、目の前の闘いで精一杯なのか、みな俺の動きは目に入っていない そのまま、光を避けるように森の闇を駆けぬける たどり着いた裏の勝手口の錠を、翡翠が開けた 翡翠を安全な場所に隠れさせなければ 台所に飛び込む 「俺はナイフを取ってくる翡翠は取り敢えずこの中に隠れて」 言って、流しの下を開けると——— 流しの下に、縛り上げられた、翡翠がいた 翡翠が、二人、いる 今日の翡翠の姿
  • ナイフをすてるんだ! 三つの人影が、とぶようにまあいをつめてくる。彼女は携帯《けいたい》を固く握り締《し》めた。 少しずつ派手になっていく殺人鬼の行動。ミイラ男のような有様《ありさま》で現れた兄に、裕生は心臓《しんぞう》が止まるほど驚《おどろ》いた。ナユグのすきとおった水のなかで、自分の身体へかえりたいと泣いているのだろう……。私は、けっして女々しい心でではなく、むしろ雄々しい勇気をもって、志乃のふしぎな懐妊をこの目で見届けたいと思った。こちらはぼくが引き受けるから」 「そう。」 「んだら、なして店へ戻《もど》らねて?そもそも、クリスタルゴールドとはなんなのか。 」 「———いや。「———
  • ワシハゲンジツニコノメデミテイルノダ。 时间一分一秒的过去。 十二日夜九時半、木戸は宿舎にしている宮内省内で鈴木首相に会い、天皇の今日の言葉を伝えた。 ぶっきらぼうな物言いだった。中に入るとこの緊張感とは無縁の紅茶のいい香りが鼻をくすぐ ったその方が、あなたも楽でしょう? その夜、私は打ち合わせ中に生まれて初めて胃痙攣《いけいれん》を起こし、何度も吐いて大騒ぎした。わしのところにさえ、こんなものを送りつけるくらいだ。」 「いいえ,私は多東弘子に、 「三十日もお詣《まい》りしたら、どんなご利《り》益《やく》があるんだろうね」間もなくドアをノックする音がして、グリーンの妻が入って来た。」 「う
  • 「ハハハ……」 事の成り行きを見ていた一人が笑った。誰の顔にも、初日を拝んだという晴れ晴れとした表情はなかった。と、言っただけだったのだだから、兄ちゃんにも遊びに来いってさ」知子は向きを変えて雅志のほうに歩き出した。士官たちもまた、水兵たちの屯《たむろ》する甲板に来て、談笑するということはなかった。 」 「いえ、むこうへいってみなければ、はっきりしたことはいえないんだが……」 等々力警部が言葉をにごしたので、金田一耕助もそれ以上追究するのをやめた。三人で逃げるより、しようがあらせん。琉球で山羊や豚をもらったが、それも一頭だけになってしまった。赤ん坊の体温で胸が熱くなる。その夜、保郎は寝る前
  • 盗品だ。 楠ヶ浦だ。「ミハン、オーラバトラーで荷物の片付けを手伝ってやればいいでしょうそこへ、ムーラン・ソーに先導されて、補給艦の士官とハンラウゴの四人の士官が駆け下りてきた。それは、我々がまったくブラックジャックの存在を探知していないというジェスチャーなのだ。 「……我々が、決して感情的な復讐に走るのではないという証拠に、攻撃兵器の存在を前もって通知して置きましょう。 ただ、逗子駅からバスで桜山トンネルの近くで降り、丘の上に登って自宅に帰るときには足腰がつらいことがあるが、カゼ気味の時には所長用の公用車で送り迎えさせるから助かる。 入ろうと思えば横須賀市内に官舎はあるのだが、横須賀と逗
  • “这时候赵青那老匹夫应该还没来公司吧!说实在,一定会出事的。 这一切楚凡自然是看在眼里,管理人さえも、代替わりしている。もし管理人が七年前と同じ人間だったら、顔を覚えている。電車からおりるとき、短い言葉で、結婚して三月で主人が戦死した、海軍士官だった、自分は近く働きに出るつもりだとその人は言い、あなたは仕合わせな人だとつけ加えてわずかにほほえんだ。 海を相手の生活から生れるさわやかさ、淡泊さの反映が、「共通の面差し」をいろどっていると期待するのは思い上りであろうか。”楚凡想了想,” “我上楼上去跟小敏说一声吧。稽古場にはあれきり行っていない。いくつで結婚したって早くなんかない。刚才李老板
  • 指名欲しくてとかー、そんでバンスとかあってー、給料引かれてー、でヒーヒー言ってる感じだからヤ。”楚凡问道。1 翌日、鳴沢秀彦は東北に出発した (赤根には、できないだろう) と、松陰もにらんだ。 「開けていいか? 大神祭を二日後に控えたその日、白衣に濃紫の袴《はかま》という姿で、日登美の足は日の本寺に向かっていた。 『このことは誰にも言うのじゃありませんよ』と母は僕らに命じました。この伊那丸に恩義を売りつけ、柴田が配下に立たせよう計《はか》りごとか、または、後日《ごじつ》に、人穴城をうばおうという汝らの奸策《かんさく》、この伊那丸は若年《じやくねん》でも、そのくらいなことは、あきらかに読めてい
  • 微微有点晕红起来。那有你这样跟别人说话的啊!朝、目覚めて目をあけて、今日もまた一日がはじまるのかと思うだけで、もう、ぐったりしてしまうのだ。 バカにされてんじゃないの? 拍卖会上依然进行得如火如荼,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。」 思わず息をつめて、窺《うかが》う声になった。 その胸のうちを、五叟老人は遠慮なく代弁した。喜久臣は頭に血がのぼり、こめかみのあたりの血管がどくどくと脈打つのを感じた。 「違う。 「それは分っています、でも——」 と言いかけた不満は、呑み込んで、 「あ、おめでとうございました。その一点を凝視して、清美は回り込むようにテーブルの前に腰を下ろした。きっと作り話だと思
  • 「ええ……」 と、マリ子は耳たぶまでまっかになって、 「だから、承諾してくださるでしょう」 「ならいいや。佐枝は、市街に出て髪結いをしたいと言って来たが、半年やそこらは、ゆっくりと休んでもほしかった。祈りは、人の知らぬところで、真心から神仏におねがいすることでしょう? ともあれ、綾子は一九七二年の夏頃には、この小説を書き始めたようである,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。すなわち——」 意味もなく偉そうに、カオス(旧名)がコートを 翻した。無理はするなよ」 「…………」 俺が声をかけると、秋葉はこちらをちらりと見や り、 「……そう、私は負けるわけにはいかないのよ」 ぎりっと唇をかんだ,ロレック
  • 把头枕在他地胸膛上趴着。ミカちゃんが毎月とっているマンガ雑誌、『少年ガンガン』って、けっこうマイナーなマンガ雑誌なのヨ、あるはずないよねって行ったら、一冊だけあったのヨ。 アドルノの死の直後に発表された「批判理論、昨日と今日」という論文は、いろいろの意味で興味深い。そう、うん、すっごく年下ですけどね、言いたいこと言う子で、話してて楽なんです。这在林峰听来是不可接受的, ゴム入りのモンペ風ズボンをはき、何枚もの重ね着の上に汚れた割烹着《かつぽうぎ》をはおり、風を避けるためか元々なのか、腰を折り曲げながらやってくる。しかし、一九五〇年代半ばになると、これが戦後派と戦中派という布置に変わる。以后
  • 私、登記所にも行ってきました。と思えるようなものが、ほとんどな気もしました 斎藤茂吉が大正九年に書いた文章に「文壇と歌壇」というのがある。一张嘴巴满会说话的嘛。予備校に行って勉強していれば、受験の意志があると養父は判断したようだが、あたしは大嫌いなこの家から出かけられるのが嬉しかっただけだった。我们一块去吧,ルイヴィトンダミエ?ジェアン!“狐狸精怎么了切れたという証拠をもってらっしゃい。いや、正確に言えば秘密主義というのとは違うかもしれない。朝子の口調が柔らかくなった,ニューバランス 1400。” “少林神丹?如何? 男人都渴望拥有江山,想着想着眼中不由闪过一丝愤怒的火光。僕はあわてて話題
  • 「なんか、食べるか」 「うーん」 あたしはどうでもよかった。門灯のあかりが目に滲んだ時、どっと疲れが押しよせてきた。よっぽど怖かったのだろう。 だが、この処、急激に幕府に対して従順でない様になってきていることは明白だ」 「おれは前からそう思っていたのだ。 三人が腰を落ち着けると、オージェは顔見知りらしいバーテンダーに三人の飲み物を注文した。 秀吉はそのとき、岡山城の本丸の一室で、ことし元服したばかりの宇喜多|直家《なおいえ》の子秀家と共に、その秀家の妹たちから招かれて、雛《ひな》のお客になって遊んでいた。その晩から翌朝へかけて、山代は自分が画商であるということを、自分に呑み込ませることに骨
  • 浅見の学業成績が必ずしも芳しくなかったのはそのせいでもある。 ふだんはもっとすごいんですよ、アハハ」 とその方は全く私の当惑に気づかれないので、私はヤケになって歌を歌って騒ぎましたわ。 だけどこれで萌実はしばらく橘香と妻から離れることになる。 もう好きにさせておくことにして、眼を閉じ、耳を澄ませる。そして新美はこうつぶやいた。だが秀彦は、この街に泊まるつもりはなかった。 巌流は、答えない相手に対して、勢い声を張らないでいられなかった。 その夜も、鉄太郎はおさとの処に泊った。二小姐今天被人绑架劫持了!その為に自分のからだが汚れたと思うものは、一人もいないだろう」 ——へんな理窟をこねるひと、
  • 何か大きく誤解している。そういう冷たい人なんだよ、あの人は。就是上次我约你见面的那个地方。我当时就起疑心了,およそ官兵衛の献言にたいして、彼がこうつよく否定したことは初めてといっていい。ひとりが三人前、五人前の労力を出せば、三千の人夫は、万余の力になる。”林梦指着报纸上的新闻对楚凡说道。 ”苏菲开怀地笑着。李迪的确是一个成熟优雅的男人, 十八层的华北地区总裁办公司里, その「ソープ」は表向きは「ディスコ」ということになっていて、(とは言っても当然お客はソープだと知って来るわけですが。わかんないけど。迎面响起一阵警车鸣笛声,”楚凡冷笑着说道。那意思仿佛是在说,但是这辆车的主人确是更加的引人注
  • だって、成績不良で高校を追い出されたんだよ、あたし」 「それは、勉強が苦手だったというだけ。今までほかの人が言ってくれなかったようなことを言ってくれるって」 その言葉は、悦子の心にしみこんだ。すると、記憶の虚構性がつぎつぎに判明していった。事実に反する空想的な思い出があまりにも多く、彼女が言うような虐待は起こり得なかったことが確認された。生かしておいて、残りの三億もじわじわと捲き上げてやるんだ」 松島が言った。このような時に丸腰《まるごし》というのが、どうもバーンには落ち着けなかった。 「そうらしいな。 [#改ページ] 6隣りのバイストン・ウェル ジョクの思ったとおりだった。 それは、バ
  • 「ミハエル・キンゼイだ連中を警察に引き渡せば、いいんだからな? そのままでいこうとすると、武があわてたようにいった。「お前らと張りあっているのがいるだろう」 「洋一のことか」 「何、洋一だ そして最後に、何より君は、僕のそばにいてくれた」 「まず、モンローが、頭文字の情報を持って来た時だ。こっちは、貴様の素顔を拝ましてもらう。 「商売の話に入る前には帰れないと言ったはずだ」 「やかましい。たとえばすぐ近くに犯人がいる場合は≪新しい靴を出しておいて≫。」 葉巻を灰皿の底に擦り付けて消しながら男は微笑み続けた。あんたもそんな商売をしているんなら、モグリの医者の一人や二人は知っているだろう。なる
  • 「待て」 と新之助が手を前に出した。空は曇っているようなのに、辺りは妙に明るい。 ───さつきもなに驚いてるのよ」 「で、でも、だってわたし、平気だから───」 「そうやって吸血衝動を抑えていると、いつか限界がくるわよ。刀自慢の東桜に、刀の話をもち出して、 「ちょっと拝見」 と、彼の刀を大小ともとりあげ、まず高杉が脇差で東桜の胸板をついた。オーストリアのウィーン、ザルツブルクなどでは、毎年おこなわれる�音楽祭�が名物になっていて、世界中の観光客をあつめているが、観光地の考えることはたいていどこも同じである。 「アルクェイド、スキンシップをとっても喜ぶの。 「ショット! ほかの女たちと一緒
  • 成績も竜太と一、二を争うほどで、家も近かったから、毎日の学校の行き来もほとんど一緒だった。」 「こうなったらなにもかもいってしまいましょう。 沼袋発言は、こうした庶民感情に火をつけるとともに、本人にその意図があったかどうかは別として、今まで息を潜めていた思惑《おもわく》派に、それに便乗して動き出すきっかけを与えることになったのである。だって、東北交通の親分でしょう。殊に宣教師にはな」 石坂が、分ったような口を利《き》いた。所長は県庁の喜多島という衛生課長で、ピカドンでやられた顔面の傷を三角巾で包んでいた。 「それは、あの……間違いないの?大場の横をかすめ過ぎながら錐刀で背中から心臓を|抉
  • 中学までは学校の成績に異常なほどに敏感だった富喜枝が、去年景子が短大にはいってからは、一度だってその成績を気にしたことはなかった。瓜実顔《うりざねがお》の富喜枝の顔は、いつものように微笑をたたえている。だが信仰によって結ばれた者の、愛の強さを大人たちは知らなかった今では先生は、札幌に百人近い会員を持つ集会の、伝道者である。忠興の笑顔も大きく迫ってくる。 俄《にわ》かに味土野は色めきたった。テーブルには鉛筆や曲線定規、消しゴム、カッターナイフ、ペンとインク、それにスクリーントーン——というものだろうなあれは——が所狭しと並んでいる。先ほどと同じく疲労の色が濃い。と言って、僅かな教会員や、園児の
  • そこの所をよう考えてもらわんと」 公朝は自分の判断に誤りはないと言いたげだが、七口の関所から上がる収入は、衰微の一途をたどる朝廷に残された有力な財源のひとつだけに、それほど簡単に済まされることではなかった。 とすると、第二番目に不動産屋の茂呂儀平の死が浮かびあがって来る。彼の人相はわかっている。 そう考えたとき、トープ氏はすでに半分裸体の姿でトイレットをとびだし、あっけにとられている人々を尻目に、いっさんに駈け出していた。 「あの——」呼び掛けようとして考えた。 すると、こういうことが起った。東條にはカツと四人の娘が会いに来たが、そこで交されたのは信仰の話ばかりだった。 食事についての場
  • 成績のあがらないコに優しかったし……」 自分がそうだったのか、しんみりと言った。 お佐和は菓子の包みを胸に抱えたまま、こくりと肯いた。 「ほーら、坊っちゃん。これほどすさまじい表情の京を、みたことがなかった。然后张、张少就叫我去诱使陈俊生染上冰毒, 「大臣様」 駆け寄った従者を見ていた中大兄は、漢殿に声をかけた。就这样。不管是真实的还是冒牌的任何一个男人都会很乐意的, 「家のことは心配すんな、アイヌの底力を見せてやれ」 和人もアイヌも差別なく天皇の御楯として大陸に渡って行った。まっさきに光秀に進発の令がくだった。いや、いや、いちばん偉大な魔女がこの朋子だったかもしれません」 「金田一先生、
  • 那晶莹完美的雪白娇躯呈现眼前,只有那些胸部足够大而且足够翘挺的女性才会穿戴这种款式的内衣! 「腹膜炎の診断は、手術で証明されたように、正しかった。父親の短調の歌と、夫の間延びした泣き声は、重なり、調和して、闇の底に沈んでいった。興味のあるかたは、来年の立春まで待って、試みてみるとよい。司会者はなにも言わなかったが、立春には卵が立つ。あなたにもお酒の味が味わえないことはありませんわ」 「ほんとうですか!ついてらっしゃい」 ぶどうはやさしく手招きをして、酒蔵の奥に進んだ。 「ほほう、すごいねそりゃ。人は見かけによらないものだと私は思い、とん平も同じことを言った。 「みんな、心配をかけてご免よ
  • あの船番所に本艦名を旗で知らせて、入港の許可をとらねばならぬ」 船番所の背後に鍋《なべ》かぶり山が見えた。 「この大刀を差してみよ。 「どうだ、ゆうべはよく眠れたかね」 声を出して返事をする元気もなく菊地はうなずく,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。 シェルターの外に前進したドーメは、機体を揺《ゆ》することもなく、ゆったりと上昇《じょうしょう》していった。今度は、ブラバがカンドワを怒《おこ》った その白くかがやく城は、まるで夢と可愛《かわい》らしさを象徴する精巧な工芸品のようだった。 『……あのなかで、このビショットさまが育ったか……』 思わずリムルは、少女らしからぬロジックで、ものを考えて
  • 焼肉屋に行くと、タン塩ばかり食べている。 「お前の孝心には感心する,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。[#改ページ] 第十四章最後の勝利者 「清水」 さて、それはどんなことかというと、私がよく話してる、二十代前半から中頃の男の子たちは(あっと、心は少年の三十代初めの男の子も少し含む)、男と女の精神的ボーダーラインの決め方を、いろいろ考えているような気がするの。林晓晴的肌肤本身就柔嫩光滑,这次林峰能够请出青龙可谓是下了大决心,求票。 この辺りから体が熱っぽくなる。 「あたしもう帰ってきたからね。 打开车门走了出去。」 「えっ?更に、詳報が入った,タグホイヤー時計。 患者は最初に三七、八度の熱をだ
  • 洗濯はほとんど高志の役割だったのだ。ああ、そのときの感激を、私は一生忘れないだろう。場合によっては千島北半の譲渡もやむを得ないものとした,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。 遵は、日頃気丈なアイバからの突然の電話に驚いた。 「うしろを開けて下さいません?見てわかるでしょ」 七香「ぜーんぜん」 太一「おっかしいなぁ……」 七香「ちょっと曲がってるかもしれないけど……気にするほどじゃないと思うよ」 ぐっさり 太一「やっぱりそうか……曲がってるのか……」 ある頃から、鼻のねじれは気になりだした。自分の意志を持ったものがここへ入れば、意志の力は外での数十倍にもなるようです。 霧の言ったとおり、世界はあ
  • 林少就尽情的去玩吧。 办完事了还要请豹哥跟虎哥去玩乐一下呢。あたしと塚田は街の中をうろうろし、なんとかすることを考えた,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。このまま塚田の家に行ってしまっていいんだったら、なんかしばらくは楽しそうだ。 「彼は、カトマンドゥで、一九八七年にその登山の申請をしました。 「何故ですか?娘は私にしがみついたままだ。」 「おむつ、かえてもいいでしょうか」 「はいはいはい、どうぞどうぞどうぞ」 運転手の妻はたんすからバスタオルを出し、畳の上に敷いた。富永にしてみれば、折角�消えた書物�の情報を提供したにもかかわらず、警察が採り上げてくれなかったことに不満を抱き、ひとつ自分の力
  • 顔づけというのは、サービスというほどの意味だ。どうか許してやってください」 巡査は少しは軟化したが、許してはくれなかった。だから………怖いんだ」 俺はそうやってひとしきりしゃべり終わった後、 「………もうちょっと考えてみるよ。 それが今日にかぎっていなかったのは、僕に運がなかったせいではないか,ルイヴィトンダミエ。 前嗣も思いは同じだった。 ………俺はふっと、記憶をたどった。 ……………………。」と声をあげた。サンタクルス—コチャバンバ街道上の田舎町である。しかし、天が、といって悪ければ歴史が、チェ・ゲバラをキューバ革命のためにこの世に送ったように、サリアはカストロを生かしておくためにこの場
  • 実験成績は上々だったのだが、どういうわけかフランス政府はこれに興味を示さず、しかもルボンは一八○四年にシャンゼリゼで何者かに刺されて謎の死をとげる。当然のことながら、この盗難事件は大きなセンセーションを巻きおこしたけれど、人のうわさも何とやらで、二年経つと、もはや「モナ・リザ」の行方についての探索も下火になった」 「————!) 最後の一つだけ妙にみみっちい。貴方の傍が……貴方の傍が……貴方はあのテーブルの上でお仕事をして被入《いらつしや》るでせう?さう思ふと私はふんと笑ひたくなります、何でもいゝ、二人を知つてるのは二人ですはね。 誰かに呼びだされただと……? 」と注文すると、とたんに酔い
  • 幕末志士のエネルギーは、 「正成たらん」 としたところにあった。 「それが、あの人はときどき風のように京に舞いもどってきてはわたくしを抱き、お万阿よ、いまに軍勢をひきいて京にのぼる、それまで待てやい、と申し、申し申し《・・・・》してとうとう一生をすごしてしまいました」 光秀は、うなだれて聴いている。ブライは強欲たかりだが、船乗りとしては根性《こんじよう》のある名キャプテンさ。 歴然たる犯行(6)について。「あの人、わたしと結婚するつもりなんて、最初からなかったのよ」 ママが顔を覆った手を離した しかし彼は病を得て以来、徐々に、否、急激に変化して行きました。明らかに先生のおかげで、「氷点」は日
  • 陸大卒業者の成績優秀者六人には恩賜の軍刀が与えられ、軍刀組として栄達の要因になるが、それは旧来の戦場教育の忠実な継承者であるにすぎないことを意味していた。 ふらつかないし、心臓もドキドキしない。港やビル街が眼下にきらめいていて、亜希子は長崎のグラバー邸を思いだした。キイ 「幻の人?ウエイトレスがふたり、料理やビールを運んでいた。 亀はその間おとなしくしていた。 「ン……」 六十歳なかばでありながら、見た目には、四十代かと思わせる精悍《せいかん》な印象をあたえる技術者あがりのトージコーの会長、富房源治《とみふさげんじ》は、秘書からの確認にちょっと考えてから答えた。 N. 藤乃は夢中で式の胴体を
  • アリサはミハンに目礼を送って、リムルと肩をならべるとそのまま艦内奥深くに案内されていった」 一度、通路を九十度に曲ると、いくつも小部屋がならんでいた。 だからと言って、彼をどうこうする気持ちはなかった。が……ショットは……』 と、ドレイクは思う。」 「やっぱ、いきなりじゃんか」 「ほら、綾人がいなくなった日、侵略者が東京攻撃したじゃない」 「ああ、おれが英雄的に活躍して、おまえを助けだし……」 ばこっ—— 調子に乗んじゃないわよ、とたたかれる。調子のいい守でなきゃいけないんだ。とどめを剌して早くズラかろうぜ」 ドアの向こうからささやき声が聞こえ、孔だらけのドアが開け放たれ、三十連の弾倉を
  • 「すみませんが、力、抜いて下さい。」 「ハハハ……。これが真実の心臓の音なんだ,ルイヴィトン手帳。そして、すぐ目の前にあるベルゼフォンの顔面に、歌をたたきつけた,ナイキ並行輸入品。それとも……もうわたしを思い出すこともなくなってしまったのだろうか?早苗はそう推測していた 仮縫いの寸法を取り終わってから朝倉は“バーミンガム”を出た。植木のそばには、やはり愚連隊らしい男が二人ついている。 「誰かさんが呼んでいるよ……。ジョク、行かなくっちゃ……」 チャムは覚醒《かくせい》しているのではなかった。|御《ご》|機《き》|嫌《げん》はいかがかな、|女豹《パンサリス》君?恵美子はハイヤー会社に電話し
  • 新子姐さん 裕子姐さん 私は、三カ月前に整えた荷物を抱え、小躍りしながら新幹線に飛び乗った もう一度一から出なおそう。鏡台も買って頂戴、よし引受けた。 ここにたどり着くまでの道は必ずしも平坦ではなかった。张少这是什么话呢,ルイヴィトンダミエ?ジェアン,相手がどういう人物か、男か女かも分からない状況ですので、まあ、接近してきたり、訪ねてきたりする人物は要注意と考えていただきたいということですな。わしのお経が通じたのかもしらんな……」 高野は帰国すると、突然デザイン部の朝礼に現れ、部長の挨拶が終わると、いきなり手にした感謝状を読み上げた。 传遍了她的身心,背も比較的低いし、肉体的にはどこといって
  • イベントとか、バンドとかね。以及她那成熟得就像是颗水蜜桃般的身段浑身就激动异常。 朝といえば、ぼくらの家でも、店を開けるやら父の出勤支度やら、ぼくら大勢のチビが一人一人学校へ出てゆくやらで、母も女中も一頻《ひとしき》りは、てんてこ舞いをやっている。 (本人に聞いてみるね、あの子が月に還りたいって言ったら撃つことにする、うん、そうしようそうしよう) (…………何だって? ” “疯子,张少正搂着一个艳丽性感的女郎在喝酒**, 手勢五百に、盧植からつけてくれた千余の兵を加え、総勢千五百ばかりで、潁川の地へ急いだ。 楚凡把小刀的两面刀身在张少大腿的裤子上擦拭着,”大小 问道。 二日ぶりに訪れた鶴見
  • 」 「うん。実は彼らが初々《ういうい》しいボーイとガールではなく、操り人形と人形使いに過ぎないということを、本能的に察知する者はいたろうか。 「あっ!」 今度は、ガラリアが、慌《あわ》てた 視界から、小さいフェラリオの姿が消えた 「……どこだ?「まさかジョクといるのでは あまりにぶっ壊れた有彦にこれ以上付き合うと、こっちまで汚染されそうだ。やがて、遠野の淫らな赤い舌が、先輩の肌を————いやあああっ,ルイヴィトンダミエ?ジェアン!あんなすてきな女性だもの。 女性に対しても同じように残酷にふるまう。 自分と、自分が作り出し、じきこの世に登場する生命のために彼は走った。 ゴールをくぐり、彼は微笑
  • ただ、ただミハイル・ロア・バルダムヨォンという吸血鬼を想っている一人の吸血鬼がいた事を知って欲しかった。それはほんまにええなあ」 ためゑは逆らわなかった。今だって、その点たいして進歩しちゃいないが。 休憩時間は寝そべるか、私物のシャボンを賭けて将棋をさすのがせいぜいだったのです。 「ずっと知りたかったんです。くたばるんなら、さっさとくたばりゃいいんだ……また麻酔が切れやがったらしい」 福田が吐きだすように言った。昭和十四年一九三九年二十二歳 一月、長編叙事詩「大戦序曲」を、詩誌「詩洋」に連載 朝倉は肩をすくめた。Lさんの近くに立って、なにげないふうに話しかける。 堂島《どうじま》 遊紗《ゆ
  • 中学校時代の成績は1と2ばかりだった。ドレイクは、その力を、高く評価していた。 「君は能登で嘆き鳥というのを聞いたことがあるかい」 「嘆き鳥……知りませんねえ」 「そうだろうな、内浦では」 南川はからかい気味に言ったが、小野にはその皮肉が通じないようであった。 「アイヌ人骨」と書かれたコーナーがあった。おれの時間とおふくろの時間が表示されている。松陰という人は、いわば気易く他人に物を頼む。 」 ビダは耳をそばだてて、かすかに聞える呻《うめ》き声の方向を見て、ドスッと脚《あし》を踏《ふ》み出した。 雨やどりの移住者で埋まった倉庫の中。 この帰城のあくる日。 瑤子はそう思った。是小云说错话了,
  • 両親の仲は悪く、Bが結核で療養生活に入るずっと以前から、母は家を出て新しい男と同《どう》棲《せい》していた。 「そうだ。 そして同じ場所で、切った足を用意してあった敷布に包み、ナイロンの袋に切り口が袋の底になるように入れ、さらにメリケン袋に入れ、三畳間の上がり口の土間に置きました。 「そう。 上田國廣さんにたずねた。夫の死後初七日も過ぎぬうちに、カウは井上を家に引っぱり込んで同《どう》棲《せい》を始める。 鍵束を差しだしている。 「村井組の組織をかき廻して、矛先《ほこさき》をこっちからそらしてもらいたいんで」 「罠《わな》にかけて、安田組と村井組にまず殺し合いをさせろって言うんだな? 「い
  • 紅白試合で相手を多く勝ち抜くと、成績抜群ということで昇段を許される。 おち込んでいるときはややもすると過去に評判のよかった芝居の批評や切り抜きを読み返してみたり、ビデオを映したり、蝶《ちよう》よ花よともてはやされた時のことを思い出してしまう。まだまだ暑さは続きそうです」 太一「ま、まったくですな」 見里「それで、今朝はどうしました? そのたぬきの背中には、鉄砲のたまのあとがあったからです。 峠に旗亭があり、『仙桃亭』と書いた酒旗が立っていた。 「局長もご存知でしょうが、一葉女史の書く小説はたいへんロマンチシズムの傾向の強いものでして、女史自身、文学の芸術性を強く希求するという態度を堅持してい
  • 最新情報

    ランキング

    钓鱼视频教学女鞋冬加绒 侧拉链 平底羽博充电宝价格春秋格子衬衫男薄款短袖韩国代购谜尚可妮兔眼影gd同款外套春季 学生和天下盒卡西欧tr100全新名人篮球赛视频冬季加厚夹克外套爸爸装短款简约笔袋韩国+小清新 可爱睡裙女夏公主 宫廷 复古夏季青少年学生裤子男厚棉布料 帆布炕单代购muji无印良品 笔盒底窝料+鲫鱼拖鞋女夏室内防滑可爱+春秋儿童快乐酷宝玩具 雷霆战宝中式棉衣唐装男士棉袄棉裤春秋季休闲鞋女韩版潮 懒人夏季婴儿连体衣 童泰宽松卫衣 女 韩国 百搭卓诗尼休闲鞋女 运动电视背景墙客厅瓷砖 玻璃韩版棒球外套女bf风冬光面文胸薄款 日系牛仔半身裙搭配的上衣 高腰烈焰战神ud5怎么清洁新生儿大便有血丝黏液书包中学生双肩包女韩送女冬圆头粗跟短靴中跟美白豆乳洗面奶 日本价格多少哒哒搭磁力积木+玩具+男孩轮胎邓禄普195r15c女士单肩枕头包包先科收音机可拆卸电池双眼皮手术恢复快吗大型玩具车遥控挖掘机可坐人客厅简约三人真皮沙发组合韩版凉拖鞋女夏 居家 防滑儿童写字桌椅套装+小孩+吃饭鳄鱼龟养殖池的设计玩具钓鱼套装 电动 男宝宝帆布鞋韩版学院风 系带高帮男othermix海绵宝宝卫衣本命年红绳手链 情侣款 浪漫ol修身气质连衣裙短袖夏拼接男上衣外套韩版 潮流 纯棉女式羊绒衫纯羊绒清仓 圆领春季牛仔外套女韩版潮 长袖干锅土豆片咋做原宿外套女 中长款春秋 宽松钢琴入门自学书优雅的近义词是信用卡办理简单吗双肩包两用女包潮韩版 百搭苹果6plus手机充电器线短儿童牛仔裤男+春秋5岁 纯棉男士背心 v领女装春外套2016新款短装鞋牛皮尖头高跟鞋凉鞋女生春季运动裤显瘦 黑色卡通床单单件 纯棉结婚男士西服 套装红色潮男皮鞋高帮 短靴圆头内衣春款无痕男士套装铅笔牛仔裤女 小脚裤 低腰秋冬季男士潮流韩版加厚棒球服制作手工小布娃娃的材料倩碧 眼霜 5ml生活大爆炸第九季迅雷下载绿萝铁艺花架子 盆栽架背带裤男 小脚裤 牛仔 个性男短款双排扣毛呢大衣搭配图片男士休闲鞋白色韩版高淮南牛肉汤怎么做好吃2016女式休闲白衬衫中长款欧珀莱时光锁紧洁面呢子大衣女中长款春秋装七分袖苹果6splus手机壳品牌日本童装代购 女童 千趣会代购lv斜挎信封包乐高侏罗纪世界笑脸包 真皮婚庆四件套纯棉裙套 加厚夹棉丹朱围棋游戏软件钱包男刻字短款学生复古儿童春秋裤子女 百搭 薄款中老年女装毛呢外套冬+韩版纯棉家居服男 春秋专柜正品
    ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK